2019年05月29日

未来予想図はほうら、おもっととおりにはいかないがそこそこ愉快な現在さとブログをおねおね

インターネットラジオ 漢方おねおね放送局10周年記念コントライヴ

三木あきら関本佳史コントライヴ「おねおねだね」
会場 大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2Fライヴシアター白鯨
2019年6月22日土曜日
開場19時開演19時30分
出演者 三木あきら 関本佳史
前売り2000円 当日2600円 共にワンドリンク付き
おねおねとしたオムニバスコントと漢方おねおね放送局の公開収録
お問い合わせ先 zubuno_zubuno@yahoo.co.jp

ツ離れしたいな。依然ツ離れしないからツ離れしたいな、といっているわけです。

未来予想図という歌があります。私には実にしゃらくさい歌ですが、名曲といわれるのもうなづけます。卒業してからもう3度目の春。
実に若者の心とらえていますな。それが大学なのか、専門学校なのか、サラリーマンなのか、勤めでも学生でもない立場なのか、そこはわかりませんが、新しい生活をむかえ、少しその生活がなれたころに昔を思う、そういうのはあるのです。
この未来予想図という歌をうたっているのがドリームカムトゥルー。通称ドリーファンク。嘘。ドリーファンクはプロレスラー。ドリームカムトゥルーはドリカムといわれています。
 ドリカムの曲はなにやら写真というワードが多くでてくる気がします。詳しくは検索してください。

ここから何が言えるかというと、80年代90年代は写真が特別だっということです。特別な時に特別な瞬間を切り取る。それが写真だっとのです。銀塩とよばれた昔ながらの機械式のフィルムのカメラ、高価なカメラをかわずして比較的安価で購入することができた「映るんです」をはじめとするインスタントカメラ、ポラロイド、さまざま様式のカメラがあったが、どうころんでもカメラであった。現像するには金がかかる。デジタルカメラで現像は自宅でできるとなってもそこまでカメラが日常に根付くことはなかった。
 写真が生活の一部になった背景には、スマートホン、そこからくるインターネットにおける写真のアップがあるだろう。

 写真は撮影だけでは終わらない。やはり発表したいのだ。現像して学校、会社など、属する社会で見せる。それはそれで幸福なのだが、発表に手間がかかる。SNSは発表が容易だ。現像しなくていいし、持ち運ばなくてもいい。

 今、ドリカムが歌ったほどに写真は特別ではなくなった。そこの未来予想はできなかったわけだ。だが、30年前にこの写真の世界の広がりを予想できるわけがない。

 自分で自分をとる。いかようにうつるか。これ、ここに自意識がでる。
 自分がいい感じに映る角度を意識し、自分でとる。そこに自分がいる。
 自分が何時何をしたかを表現し、発表する。そのときの顔だ。
 海に行ったときの自分の顔、ユニバーサルスタジオジャパンにいったときの自分の顔。だいたいが顔だ。ユニバーサルスタジオジャパンで一日歩いて臭くて臭くてしょうがなくなった自分の足の裏を写真にとり発表する人はあまりいないし、いたとしてもあまり人気ものにはならないだろうし、そんなことしてなにが楽しいのかよくわからない。
 ようは顔なのだ。

 私はあまり写真をとらない。顔もとらないし、自分というものをあまりとらない。そしてそれをツイッターにもあまりあげない。意図的にとってあげるときはあるが、それはかなりあざとい顔になっている。なぜなら自意識がすごいから。自分の顔をとって得意気になってるところを人に見られるのが恥ずかしいじゃないか。

 

 優しい人とはなんだろう。いろんな考え方がある。一つではない。自分以外のだれかの写真をたくさんとれる人、それはなんだか優しいような気がするのだ。ひとの結婚式の写真を撮影して、それを新郎新婦に現像するなりデータなりで渡せるひと、そんな人がいるのだ、この世に。
それはとても優しい。ケーキカットの写真がどうしたというのだ、なんてことを思う私は邪悪。ケーキを作るならわかるが、切るだけで何を値打ちこいとるねん。ま、絶好のシャッターチャンスやと司会の方がいうから、こういうのはスマホでいいから撮影に行こうとするのが大人なんだろうとおもい、近くにまでいくが、正味の話結婚式の時私はべろべろによっていて、帰りゲームセンターでも行こうかなんてことを考えているのだ。

 なぜ私は帰り道にゲームセンターによるのだろう。すること言えばクレーンゲームだけなのに。

 ゲームセンターにプリクラがある。
 あれ楽しいか、と思うが、これからプリクラをとろうとする人は幸福そうな顔している。財布をおとしたという顔の人はあまりゲームセンターにいかないし、プリクラにお金を投じようとはしない。
 
 いろいろいったが、何が言いたいかというと、写真をとる人はやはり幸福なのだろう、と思う。写真をとらない人生よりもとる人生のほうがなにやら幸福な気がするのだ。写真と縁遠いから不幸というわけではないが。

 私の若いころの写真は少ない。ほんと少ない。こんな性根だからおのず少ない。
 ふと思うのだ。私は昔からこんなに足の裏ががさがさだったのだろうか、と。足の裏の写真をとっておけばよかった。
 斉藤和義さんの僕の踵はなかなか減らない、という名曲がある。歌詞はいまいち何を言いたいのかわからないが、なにせ恰好がいい。そして踵が減らないのだ、きっと。転じて私のかかとはがさがさのがちがちだ。このがちがちのがさがさの踵を写真いとってアップしようか。しないよ。踵をアップしようという自意識。これもこれで厄介じゃないか。ぐるぐると思うわりにものぐさな人間はことに写真をとらない。

 それはそうと、なによりかにより、コントライヴの予約コメントおまちしております。












posted by 関本佳史 at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: