2020年03月30日

おねおねとおねおねと感謝のおねおね


私がコントをつくると、その人間の環境や素性やその他諸々をのっけることが多い。どんな食べ物が好きとか、出身地はどことか、好きな映画は何とか。
コントの中でそれがいかように活用されるかではなく、そういうのことで登場人物が体温を持つ気がするのです。
プラスすっとこどっこいな5w1hを掘り込もうとするのですから、当然長くなるのです。
三木あきらが怪演というか、妙演というか、普段目立ちはしないが人となりを知るに味がにじみでる、てなキャラクターを演じてくれました。
私は何をしたかというと、心地よく心凍らせてを歌っていました。

ご来場いただいた皆様、また、お会いすることはできなかったが、普段漢方おねおね放送局をきいてくれている方々、ありがとうございます。
皆さまに愛されるよう全身全霊でこの漢方おねおね放送局をこれからも、なんてことは思いはせず、次回からもおねおねとおねおねとやっていきます。
なんとなく聴いてやってください。

良い春になりますように。
posted by 関本佳史 at 06:35| Comment(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: